固形洗顔タイプとフォーム洗顔タイプのちがい?

固形洗顔タイプとフォーム洗顔タイプのちがい?

“美肌作りの基本ともいえる洗顔ケアですが、どんなタイプの製品が良いかで、迷ってしまう方も多いでしょう。一般的に、洗顔用のケア製品として、固形石鹸と洗顔フォームがあげられます。それぞれどんな特徴があり、どういった肌の人に合うように、作られているのでしょうか。
まず、石鹸というと、四角い形や丸い形のものが一般的ですが、じつは石鹸でも柔らかいタイプのものがありますので、洗顔フォームと混同しないように、注意が必要です。柔らかい石鹸は「練り石鹸」などと呼ばれており、洗顔フォームのようにチューブに入っていることもあります。どちらかよくわからないといった場合には、製品に記載されている成分情報を確認しておきましょう。
どのような形状であったとしても、石鹸の場合、原料などに「石けん素地」という表示がされています。洗顔フォームの場合は、石けん素地が入っておらず、ラウレス硫酸などの合成界面活性剤が配合されているのが特徴です。
これらの原料などの違いによって、石鹸は「弱アルカリ性」、洗顔フォームは「弱酸性」という性質になっています。この違いが、肌にもそれぞれ異なる影響を与えますので、それによって自分に合った製品を選ぶことができるでしょう。
人の肌の表面は、体の自然な働きによって、「弱酸性」の状態に保たれるようになっています。石鹸で洗顔をすると、一時的に肌の表面は弱アルカリ性に傾きますが、やがて自然に弱酸性に戻るようになっています。
弱酸性と弱アルカリ性、この性質からみていくと、より肌に優しい作用をもたらすのは、洗顔フォームだといえるでしょう。しかし、洗顔フォームには合成界面活性剤が配合されていますので、これは肌が弱い方にとって、むしろ刺激となる場合もあります。また、石鹸は天然成分で作られているものも多くあり、敏感肌の人などの場合には、選びやすいというメリットもあるのです。ただし、洗顔後のお肌は弱アルカリ性となり、一時的につっぱりなどを感じやすいという面もありますので、顔を洗った後は、すぐに保湿などのケアを行ったほうが良いでしょう。洗顔フォームは、肌をアルカリ性に傾けませんから、洗顔後のつっぱり感が少なく、使用感が良いというメリットがあります。また、保湿成分や美容成分などが多く含まれている製品が多いのも、洗顔フォームの良い点だといえるでしょう。
固形洗顔 フォーム洗顔それぞれの特徴とメリット、適している肌質などについて知り、最適な方法を選ぶようにしましょう。”

この記事を読む

▲ページトップに戻る