美容成分入りの洗顔って?

美容成分入りの洗顔って?

“口コミで人気の洗顔料で洗っているはずなのに、洗い流した後お肌がつっぱる、そんな経験はありませんか。メイクに紫外線ダメージ、クレンジングや洗顔。女性の肌は常に刺激と戦っています。洗浄力の強い洗顔料で、肌に必要な成分ごと洗い流してしまうと、ただでさえ繊細な肌が乾燥状態になり、バリア機能が失われ、新たな肌トラブルを招いてしまうかもしれません。
そこでオススメするのが、美容成分入り洗顔料。
口コミが良いからと言って、自分の肌質と合っていない洗顔料を使用し続けると、ますます肌はダメージを受けてしまいます。メイク汚れやほこりはさっぱりと洗い流しつつ、美容成分で肌を保護し、より美しいつやつや肌を目指しましょう。洗顔によって失われる肌の成分は、細胞間脂質であるセラミドや、天然保湿成分(NMF)など。これらを肌に残し、補充しながら、汚れだけを取り除くのが美容成分入り洗顔料です。
よって、美容成分入り洗顔料を選ぶ場合、保湿成分であるセラミド配合のものを選ぶと良いでしょう。特に、ヒト型セラミドは人の肌に浸透しやすい形状の成分なので、こちらが入っているかどうかも確認する事をお勧めします。
さらに、保湿とエイジングケアに効果のあるプラセンタ、ハリと弾力を形成するコラーゲン、より多くの水分を保持できるヒアルロン酸など、美容成分として様々な種類の成分があります。自分に足りていないと思う成分を、洗顔料でも上手にプラスしていきましょう。
洗顔料のタイプは、固形石鹸、洗顔フォーム、パウダー、スクラブなどの種類があります。乾燥肌や敏感肌など、肌のバリア機能が低下している肌質の方には、固形石鹸タイプがオススメです。固形石鹸は顔に洗い残しが出来にくいため、肌の負担を軽減できるからです。洗顔の際は、まず水洗いで表面のほこりなどを落としてから、洗顔料を良く泡立てて、ふんわりと顔を包み込みましょう。擦らず、指で優しく撫でるようにクルクルとマッサージするようなイメージで。すすぎは、石鹸汚れなどが残りやすい髪の生え際までしっかりと水で流すこと。保湿成分入りなら、しっかりと洗い流してもつっぱらずにしっとりしているはず。時間を置かずに、いつものスキンケアでさらに肌に水分を与えてあげましょう。
このように、美容成分入り洗顔料は、成分とタイプによって、働きも様々です。口コミは参考程度に留めて置き、自分の肌質をしっかりと理解したうえで、洗顔料を選びましょう。”

この記事を読む

▲ページトップに戻る