酸性洗顔とアルカリ洗顔どっちがいいの?

酸性洗顔とアルカリ洗顔どっちがいいの?

人間の肌は弱酸性となっていて、ボディソープや洗顔料でも肌を洗うには同じ系統の弱酸性が負担にならずに良いと言われています。特にアトピー性皮膚炎を抱える人にとっては刺激性のあるものは不安が多く、肌が赤くなったり、痒くなってしまうのを防ぐためにも弱酸性が推奨されているのが現状です。まず、洗顔のために用意された石鹸は、植物油や動物脂を用いた固形物で、化学的に合成された界面活性剤が油分を分解して高い洗浄力を誇るものとなっています。この時、アルカリを用いた界面活性剤を作る製造方法となっているため、どうしてもアルカリ性の洗浄剤となってしまうのです。対するチューブ式やポンプ式の洗顔フォームは無理にアルカリ性にする必要はなく、肌の弱酸性に併せた性質をとっていることになります。こう考えると、肌に負担の少ない洗顔フォームが良いということになりますが、同じ性質を持つためどうしても汚れを落とす力が弱く、古い角質や皮脂汚れを取り除くことができないことがあります。そのため、しっかりと汚れを落としたいという人は、アルカリ性の洗顔石鹸を使用した方が良いという考えも多いようです。アルカリ性では肌を傷めてしまうという考えもありますが、使用することで肌の弱酸性と混ざり合い、お互いの性質がぶつかって中和されることで肌への負担はほとんどないと考えられています。肌に優しいからといって弱酸性の洗顔フォームを好んで使っている人ほど、汚れが落とせずに古い角質まで蓄積させてしまい、最後には無理に汚れを落とそうとしてごしごしと力強く洗うことで皮膚を痛めてしまうこともあります。角質をしっかりと落とせなければターンオーバーが乱れてしまい、くすんだ肌になってしまう、シミが残り続けてしまうといった問題もあるので、汚れだけはしっかりと取り除くことが重要になります。酸性洗顔 アルカリ洗顔のどちらをとってみても、肌に与えるメリットには善し悪しがあるため、確実に良いというものはありません。皮膚科の医師などにしても意見が分かれていて、汚れを落としやすいアルカリ性の方が良いというものや、皮膚の負担が少ない弱酸性が良いと言われていたりします。問題はどちらの性質であっても、正しい使用方法で洗うことで汚れを落とし、肌をしっかり保護することが大切です。アトピー性皮膚炎の人なら弱酸性の方が無理なく洗えますが、汚れが落ちにくいと感じたらアルカリ性洗顔も試してみると良いかもしれません。

この記事を読む

▲ページトップに戻る